TBC 横浜

エステサロン最大手のTBCでラグジュアリーな脱毛体験しましょ♪

TBC横浜ではワキ脱毛し放題激安キャンペーン中!

TBC横浜

 

TBC横浜は4店舗ございます。

 

お仕事の帰りやご自宅の近くのTBCをチェックしてみてくださいね。

 

TBC横浜

TBC横浜西口本店

 

横浜駅西口を出て、ロータリー沿いに右へ直進します。
1階にドコモショップがあるエキニア横浜の5階になります。

 

TBC 横浜

 

TBC 横浜

 

TBC 横浜

 

TBC 横浜

 

7階にはメンズTBC

 

TBC 横浜

 

3階にはエピレがあります。

 

TBC 横浜

 

住所 神奈川県横浜市西区北幸1-1-8

エキニア横浜5F

営業時間 11:00〜21:00 (平日)

10:00〜19:30 (土日・祝日)

 

TBC横浜

 

 

TBC横浜

TBC上大岡店

 

TBC横浜

 

住所 横浜市港南区上大岡西1-11-7

第10オーヴァルビル6F

アクセス 京急本線上大岡駅西口 センチュリー21近く

第10オーヴァルビル6F 
(1F ソフトバンク)

営業時間 10:00〜20:00 (平日)

09:30〜19:00 (土日・祝日))

 

TBC横浜

 

 

tbc

TBC青葉台店

TBC横浜

 

住所 横浜市青葉区青葉台1-6-13

ケントロンビル5F

アクセス 東急田園都市線青葉台駅南口すぐ 東急スクエアSouth-1本館向かい

ケントロンビル5F (1F みずほ銀行)

営業時間 10:00〜19:00 (平日)

09:00〜18:00 (土日・祝日)

 

TBC横浜

 

 

tbc

TBC戸塚モディ店

TBC横浜

 

住所 横浜市戸塚区戸塚町10 戸塚モディ3F


アクセス JR戸塚駅東口 ラピス1 戸塚モディ3F

P有り

営業時間 10:30〜20:00 (平日)

10:30〜20:00 (土日・祝日)

 

TBC横浜

 

史上最安値キャンペーンをチェック!

 

TBCではただ今ワキ脱毛し放題キャンペーンを実施中!

 

TBC 横浜

 

TBC横浜

他にも全身から自由に選べるコース、ワキ脱毛通い放題+VIO5カ所セットコース、ワキ脱毛通い放題+フェイス5カ所セットコースなど、今しかないお得なキャンペーンが目白押し。ここのチャンスを見逃したら二度とやってこないかも。

 

横浜店は全ての店舗が駅からすぐの好立地にあります。仕事やショッピング帰りにサクッと脱毛できるのがポイント。

 

お小遣い料金で痛くない最新技術の脱毛が受けられるなんて、今だけのチャンス!

 

まずは脱毛したいパーツを選んでネットで予約してみてくださいね

【24時間ネット予約受付中】

↓         ↓         ↓


TBC横浜

 

TBCの脱毛って?

 

TBC横浜

いま現在持たれているお悩みやご希望をなんでも相談できる無料カウンセリングをまずは受けてみてください。TBCの専任アドバイザーが親身になってお聞きいたします。

 

TBCの一番口コミで良い評価を得ているのは、スタッフの丁寧な接客です。

 

経験と実績のあるスタッフが、むだ毛一本一本丁寧に処理してくれるし、痛みを確認しながら脱毛してくれるから安心なんですよ♪

 

それに、TBCスタッフ全員がTBC脱毛経験者。だから脱毛時の痛む部位やポイントをよく分かってくれているんです。

 

あなたもTBCのラグジャリーな個室でリラックスして脱毛体験をしてみませんか?

 

TBC横浜

 

脱毛前後の注意点

 

TBC

安全に、綺麗に脱毛を行うならば、やはり脱毛サロンや脱毛クリニックでの施術がおすすめです。ただし、どちらに通うとしても、脱毛を行う前に注意しておかなければいけない点がいくつかあります。

 

特に、素肌をさらす夏は脱毛を行う人が増える季節でもあります。
夏は海やプール、キャンプなど日焼けをする機会も多く、肌が焼けているという人もたくさんいらっしゃると思います。

 

実は、この日焼けの有無により脱毛が受けられない場合があります。
現在主流となっている脱毛法は、光脱毛という方法になります。光脱毛は、毛の黒い色素に反応してムダ毛の発育を止めることができます。
ただし、肌が日焼けしていると光脱毛では普段影響を受けない部分にも反応が起きてしまいます。その結果、関係のない部分が反応するため火傷を負うことがあります。

 

そのため、日焼けをしている人は、脱毛サービスが受けられないのが基本となっています。肌が日焼けしている人だけではなく、乾燥している場合にも施術が断られる可能性があります。
これは、乾燥した肌に光脱毛を行うことで、悪影響が考えられるからです。

 

TBC

もうひとつ注意しておきたい点が、剃毛です。

ほとんどの脱毛サロンでは、施術を受ける際には脱毛したい部位の毛を剃っておくことが求められます。カミソリを行うことで、光脱毛の効果を最大限引き出すためです。
もし、長いムダ毛が生えたままの状態で光脱毛を行うと脱毛効果が低下してしまうためです。さらには、長いムダ毛の部分にも光が反応するため、肌が火傷してしまうことがあるからです。

 

最後に、施術後にも気をつけなければいけないポイントがあります。
脱毛後は、飲酒や入浴、運動は控えなければいけません。施術後に体温を上げてしまうと、施術後の敏感な肌にトラブルが起きる可能性があるからです。
この注意点は、カウンセリングの際などに説明があると思いますので、しっかり注意して聞いておくようにしましょう。

 

他にも脱毛後は、デオドラント剤や保湿クリームは使わないように注意がされると思います。美肌を手に入れるためにも少しの間だけ我慢しましょう。

 

サロンとクリニックの違い1

 

TBC横浜

最近はよく脱毛に関する宣伝や広告を多く見かけますね。学校や会社でも、女の子同士でおしゃべりをしていると話題にのぼることもあるでしょう。

 

今まで脱毛なんて考えてもいなかったけど、私もちょっとやってみようかな?なんて気軽に思い始めるかもしれません。

 

でも脱毛サロンやエステ、お店が多すぎてどこを選んだら良いかわからない…そんな女性も少なくないと思います。そんな方には、まず脱毛を受けるお店は大きく2種類に分けられる、ということをお教えしたいと思います。

 

脱毛を受けられるお店は、大きく分けて「エステサロン」と「クリニック」の2種類に分けられます。それぞれにはどんな特徴があるのでしょうか。

 

まずエステサロンですが、ミュゼプラチナムやキレイモ、銀座カラーやTBCといったお店がこれにあたり、全国チェーンで店舗展開をしているサロンも多いです。

 

激安価格で脱毛の宣伝をしているお店のほとんどはエステサロンと思って良いでしょう。多くのエステサロンで行うのは「光脱毛」です。これは簡単に言うと、メラニン色素にのみ反応する特殊な光を利用した脱毛器です。

 

この光を脱毛したい箇所にあてることで、毛の生えている元の部分である毛根を弱らせます。数回光をあてた程度では、またすぐに毛は生えてきてしまいますが、回数を重ねて光をあてることで、毛根は毛を産み出す力が弱くなります。

 

その毛根から生えてくる毛は徐々に細くなり、だんだんと生えてこなくなることで脱毛効果をあげる、というのが光脱毛のメカニズムです。

 

サロンとクリニックの違い2

 

TBC 横浜

光脱毛のメリットは、痛みが比較的小さくて、短時間に広範囲の脱毛が可能、そして非常に安価で脱毛できるということでしょう。

 

光脱毛では繰り返し光をあてることで毛根を徐々に弱らせると書きました。これはつまり毛根を「弱らせる」程度の威力の強くない光をお肌にあてるということになりますから、その分痛みは少ないのです。

 

また光脱毛の脱毛器は一般的には特別な免許も必要なく、誰にでも扱うことが可能です。従ってエステサロンの施術者には特別な免許を必要としないため、施術そのものも安価で提供することが可能なのです。

 

逆に光脱毛のデメリットは何でしょう。

 

まず威力が弱いゆえに、脱毛効果を感じるまでに時間が掛かるということが第一に挙げられます。何度も脱毛を受けているのに、まだまだ濃く太い毛が生えてくる…光脱毛を受けたことのある人の中には、こんな印象を持つ方もいるようです。

 

痛みも小さく、安価で脱毛できるけれど、納得いく脱毛結果を得られるまでに時間が掛かる、ということですね。

 

また光脱毛そのもののデメリットではないですが、激安価格のエステサロンなどの場合、その安さにお客さんが殺到してしまい、なかなか希望する時に予約が取れないので結局通えない、なんていう話もよく耳にします。

 

一方でクリニックはどうでしょうか。

 

代表的なクリニックには湘南美容外科やアリシアクリニックなどがあり、医療機関で行われる脱毛になります。多くのクリニックで行うのは「レーザー脱毛」になります。

 

サロンとクリニックの違い3

 

TBC横浜

レーザー脱毛は何種類かに分類されますが、ざっくりと説明すると、強い威力を持つ光をお肌にあてることで毛根を破壊してしまうものになります。

 

ではレーザー脱毛のメリットはどのようなことでしょうか。まず何よりも毛根を破壊してしまうため、一度脱毛処理をした箇所(毛根)からは毛が生えてこなくなる確率が非常に高いということが挙げられるでしょう。

 

ですから一般的には、エステの光脱毛では10回以上受けてもまだ生えてくるけれど、クリニックのレーザー脱毛なら5回程度受けるとかなりの脱毛効果を感じることができる、といった意見を聞くことが少なくありません。

 

光脱毛の場合は毛根を「弱らせる」のですが、レーザー脱毛の場合、毛根を「破壊」することが可能なため、確実に破壊させることが出来ると、もうその毛根からは毛が生えてきません。

 

ですから完全に確実に毛が生えてこないようにしたい、ツルッツルにしたい、という女性には何よりもありがたい脱毛法ですね。

 

しかしながらレーザー脱毛にもデメリットはあります。効果の高い強力な光をお肌にあてるため、光脱毛よりも強い痛みを感じることが多いようです。

 

特に一般的に濃い毛が生えているVIO部分などは、光脱毛でもかなり痛みを感じる方が多いようですから、レーザー脱毛はあまりに痛くて途中で諦めてしまった…なんていう方もいるようです。

 

ですがそこは医療機関ですから、お店によっては別途有料で麻酔を処方してもらえたりします。

 

サロンとクリニックの違い4

 

TBC横浜

またレーザー脱毛は威力が強い故に医師の資格を持った施術師が必要になります。光脱毛のように誰にでも出来るわけではありません。従って脱毛料金もその分高くなってしまいます。

 

稀にではありますが、レーザー脱毛で火傷を負ってしまった、という方もいるようです。脱毛効果が高い、ということは、それだけ威力が強いので、痛みや火傷の可能性も高い、という側面は残念ながらあるようです。

 

ですがそこは医療機関、万が一火傷などを負った場合は医師が診断してくれますし、手当や薬といった処置はスムーズにしてくれます。万が一のことがあっても安心できる、とも言えますね。

 

総合的に考えて、エステサロン系とクリニック系、どちらで脱毛をするのがおすすめでしょうか。

 

それは脱毛を受ける人の予算や期間(いつまでに脱毛を終わらせたいか)、仕上がり具合によりますが、加えて脱毛する部位によっても異なるかと思います。

 

例えばワキは1本もムダ毛が生えてこなくなるまで完璧に脱毛したいけれど、腕と脚はそこまでつるつるじゃなくてもOK、ある程度ムダ毛の量が減ってくれたら良い、という方。ワキはもう永久脱毛を済ませているけど、新たにVIOを脱毛したい、出来ればもう2度と処理しなくても大丈夫な位にツルツルにしたい、と思っている方。

 

それぞれにおすすめできる脱毛店は異なる可能性があります。ですから自分が望んでいる脱毛を、まずは一度じっくりと検討してから2種類のお店から選んでみて下さいね。

 

自己処理の危険性1

 

TBC横浜

日々少しずつ日差しも暖かくなってきて、そろそろ春のお洋服も気になってきました。暖かくなると開放的な気持ちにもなり、冬の厚い洋服からも開放されてお肌を人前にさらしたくなります。

 

そうすると気になってくるのがダイエットやムダ毛ですね。ダイエットはさておき、ムダ毛の処理は皆さんどのようにしていますか?

 

近頃は脱毛エステサロンも増えてきて、町を歩いているといくつもの脱毛サロンを目にします。

 

近頃はサロンでの脱毛もどんどんお手頃になってきていますから、プロによる脱毛をお願いしてみてはいかがでしょうか?

 

個人差もあると思いますが、一般的にからだのさまざまな部分に生えている毛が気になり出すのは思春期に入った頃からでしょうか。

 

小学生の高学年くらいから中学生になる位にかけてのこの時期は、まだほとんどの方がカミソリなどを使った自己処理による脱毛からスタートするかと思います。

 

でも自己処理は長く頻繁に続ければ続けるほど、皮膚やからだそのものを傷付ける可能性が高くなりますから要注意です。

 

まず代表的な脱毛方法であるカミソリを見てみましょう。カミソリはどこでも売っていますから簡単に手に入る上に安価です。

 

そしてお肌の上をさっと滑らせるだけで目に見えるムダ毛のほとんどは処理できますから、ついついカミソリに手がのびてしまうのは仕方がないかもしれません。

 

ですが恐ろしいことにカミソリでムダ毛を剃る時は、同時にお肌の表面も薄く削ってしまっているのです。

 

自己処理の危険性2

 

TBC横浜

たとえお肌にクリームやジェルを塗っていても、多少のクッション剤にこそなりますが、やはりお肌は削られています。

 

お肌が弱い人、もともと肌が薄い人は一度剃っただけでも赤くなってヒリヒリとしたり傷が付いたりしますし、そうでない人でも、2度3度と繰り返すうちには痛みを感じるようになるでしょう。

 

そうしてお肌の表面が繰り返し傷付けられることで、肌は自らを守ろうとして厚くなり、摩擦から黒ずんできます。

 

もともと毛を剃る目的としては、お肌をキレイに見せようという気持ちから行うのですが、結果的には表面がカサカサとして黒ずんだお肌を作り出してしまうという結果になってしまうのです。

 

これでは本末転倒ですね。しかもカミソリで毛を剃る場合、剃った直後は毛がなくなりますが、次の毛がどんどんと生えてきますから、必然的に繰り返すことになります。

 

いくら簡単とはいえ、毎日毎日脱毛をするのは手間がかかりますね。しかもお肌は必ずしも平らな表面だけではありません。ワキの下のように表面に凹凸がある部分は特に剃るのが難しく、剃り残しができてしまう上に、傷を付ける確率も高くなります。

 

では毛抜きを使った脱毛はどうでしょうか。これはムダ毛の一本一本を毛抜きを使って抜いていく方法です。

 

カミソリとは違って毛を毛穴からスッポリと引き抜きますから一見仕上がりはキレイですし、しばらくの間は次の毛は生えてきません。良いことづくめのようですが、もちろん欠点が沢山あります。

 

自己処理の危険性3

 

毛抜きで無理矢理に毛をひっぱりますから、全ての毛が毛根からスッポリと抜けるというわけにはいきません。

 

途中で切れてしまった状態で抜かれた場合、肌の中に残った毛はイングロウヘアと言って肌表面に出てくることができず、お肌の中に残った状態で育ちます。

 

そうするとお肌がポコッと盛り上がる、いわゆる「埋没毛」として残ります。状態によっては赤く腫れて痛みを伴いますし、何よりもお肌の表面がボコボコになって美しくありません。

 

そうしてもちろん毛を一本一本毛抜きで抜くわけですから、非常に時間も掛かります。加えて痛みも伴います。

 

では薬局などで売られている脱毛クリームやムースといった脱毛剤はどうでしょうか。

 

これらの脱毛剤は、脱毛したい箇所にクリーム等を塗りしばらくしてから除去すると生えているムダ毛も一緒に無くなっているというものです。

 

TBC横浜

原理としてはお肌から生えている毛を溶かして除去しています。

 

ぱっと見はカミソリで剃った後のように毛の断面が見えることもないですし、毛抜きで抜いた後のように毛穴がスッポリと見えるということもなく、ごく自然でキレイに仕上がります。

 

ですがこれらの脱毛剤は、毛だけでなく、お肌の表面もわずかに溶かすという恐ろしい働きをしているのです。

 

ですからお肌の弱い方なら一度使用しただけで炎症を起こしますし、そうでない方でも回数を重ねるとトラブルを引き起こすこともありますし、何よりもお肌そのものに良い作用はありません。

 

自己処理の危険性4

 

こうして見てくると、自己処理による脱毛は実はかなり危険であることがお分かりいただけると思います。

 

簡単に手に入るから、安いから、皆がやっているからといった理由で自己処理を続ける人もいるかもしれませんが、脱毛を行う際は十分に注意し、できるだけお肌やからだに負担の少ない方法を選びましょう。

 

もしどうしても自宅で自己処理をしたいのであれば、一番おすすめなのは電気シェーバーです。カミソリとどこが違うの?と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

電気シェーバーはカミソリとは違って、お肌を直接削ることがありません。と言うのも、電気シェーバーの刃はカミソリと比べて刃先が鋭くなく、肌当たりが優しい設計になっています。

 

TBC横浜

ですから電気シェーバーを使った場合はヒリヒリしたり赤くなったりということがほとんどありません。

 

またコンパクトで携帯にも便利ですから、気付いた時にいつでもどこでもサッと脱毛できるのも嬉しいところでしょう。

 

またカミソリに比べても刃が長持ちしますから、一度購入してしまえば経済的でもありますね。

 

ただし電気シェーバーにもデメリットはあります。カミソリと比べて刃先が鋭くなく浅剃りの状態なので、剃った後のお肌に触ると毛がザラザラとして気になることもあります。

 

また次の毛もすぐに生えてきますから、連続的なお手入れが必要になります。

 

自己処理による脱毛にはどうしても限界がありますが、ご自分の用途に合わせてベストな方法を選択しましょう。

 

毛の「濃さ」で脱毛法を決めよう1

 

TBC横浜

そろそろ本格的に脱毛をしてみたいけど、どこへ行ったら良いのか分からない…そんな女性は少なくないのではないでしょうか?

 

今や日本は脱毛はブームの一種で、脱毛エステやサロン、医療レーザーや全身脱毛、はては家庭用脱毛器など、実に様々な脱毛方法があり、情報が錯乱している状態です。

 

この中からひとつを選ぶのは至難の業ですね。それぞれにお財布事情や時間的制約など様々な条件があるかと思います。

 

そこで今回は、からだに生えているムダ毛の「濃さ」で、どんな脱毛法を選択するのが良いのかを検討したいと思います。

 

体毛の濃さは人によって異なります。私の脚の毛ってモジャモジャして濃くて男の人みたいだけど、友達のAちゃんなんて、何も処理していないのにウブ毛程度しか生えていない…なんてため息をついている女性もいるでしょう。

 

体毛の濃さは遺伝が影響している可能性が高いのですが、科学的根拠はないと言われています。また北海道や沖縄の人は体毛が濃い傾向にあるようです。

 

これは寒さや紫外線からからだを守るために体毛が濃くなることもあるから、というのが原因のようですが、かならずしも全ての北海道・沖縄の人の体毛が濃いわけではありません。

 

また男性ホルモンが多い人は体毛が濃い傾向にあるとも言われます。

 

脱毛が気になるのは、もちろん体毛が濃い人の方が多いでしょう。ですから今回は、体毛が濃い傾向にある人にはどのような脱毛法が向いているのか、という視点で見ていきたいと思います。

 

毛の「濃さ」で脱毛法を決めよう2

 

TBC横浜

まず何と行っても体毛の濃い方におすすめするのは、医療機関で行っているレーザー脱毛です。

 

これは何故かと言うと、医療系のレーザー脱毛は、エステサロンなどで行われている光脱毛に比べて効果が高く、短期間で脱毛が完了するからです。

 

体毛が濃い方のムダ毛は、そうでない人に比べて一本一本の毛がしっかりとしています。光脱毛の原理は、毛の毛根に働きかけてその機能を弱らせて、徐々に毛が生えてこないようにすることです。

 

ですが体毛が濃い方の毛はしっかりとしており、光脱毛のあまり強くない光をあててもなかなかその機能を弱らせることは困難です。

 

医療レーザーの場合、医師免許などの資格をもったスタッフが扱えるようなある程度強力なレーザー光をあてて毛根を根絶させます(正しく光りがあたった場合ですが)。

 

ですから正確に治療された場合、レーザー脱毛で処理をすると1回の施術で、その毛穴部分からはもう二度と毛は生えてこなくなります。しかしながら体毛には「毛周期」というのがあります。

 

毛は毛根から産まれて成長して肌の表面に出てきます。しばらした後に抜け落ちてなくなります。

 

そうした後で再び毛根からまた新しい毛が産まれて育ち生えてきて…というサイクルを繰り返すわけですが、この毛周期は全ての毛が同時に行われるわけではなく、それぞれのサイクルを繰り返します。

 

今現在からだの表面に現れている毛はからだにある毛全体の3分の1程度とも言われています。

 

毛の「濃さ」で脱毛法を決めよう3

 

レーザー脱毛で根絶させる場合も、また光脱毛で弱らせる場合も同様ですが、今現在成長している毛の毛根のみを施術することができます。

 

従ってそれは体毛の全てではありません。数ヶ月置いてから、その時点で成長している毛の毛根を施術する、を何度か繰り返すことで、ワキならワキの、脚なら脚のムダ毛全部を脱毛することが可能となるのです。

 

ですからどのような脱毛法であっても1回の施術で完了することはできない、ということを覚えておきましょう。

 

医療用レーザー脱毛と聞くと、痛いという印象がある女性も多いでしょう。確かに光り脱毛に比べて医療用レーザー脱毛で施術した場合は痛みを強く感じることが多いようです。

 

TBC横浜

ですがそこは医療機関。もし極端に痛みに弱い場合は、機関によっては別途料金を支払うことで麻酔を使ってもらうことも可能です。そして医師の判断で、施術後に医薬品の鎮静クリームやローションを出してもらうことも可能だと思います。

 

これは医療機関ならではの処置ですから、安心感がありますね。もちろん医療機関とはいえ、レーザー脱毛をしてくれるスタッフはほとんどの場合女性ですから、相談に応じて様々な対応もしれくれることが多いです。

 

そして医療用レーザーの場合は痛みが強いことは確かですが、きちんと施術されれば、一回で毛の毛根を根絶させることが可能です。一方で光脱毛の場合、痛みは弱いものの、毛根の根絶は不可能で何度も施術をする必要があります。

 

毛の「濃さ」で脱毛法を決めよう4

 

それに光脱毛では毛根を弱らせるだけに留まりますから、せっかくがんばって施術しても、数年後に再びその毛根から毛が生えてきてしまう可能性もあるのです。

 

もともと体毛が濃い人の場合、毛根もしっかりしていることが多いので、その可能性は低くはないでしょう。つまりレーザー脱毛に比べて、何度も施術をする必要があるのです。

 

弱い痛みとはいえ、何度も何度も繰り返し受けるとなるとちょっと話は違ってきますね。ある程度強い痛みだけれども一回限りと、弱い痛みを何回も、しかもまた数年後にまた繰り返す必要が出てくるかも…となるとどちらが良いでしょうか。

 

TBC横浜

近頃は家庭用脱毛器も数多く販売されています。価格も手頃なものが増えていますし、ちょっと買ってみようかな、という気持ちになりますね。でもこの家庭用脱毛器、体毛の濃い人にはやや難しい存在かもしれません。

 

家庭用脱毛器のほとんどは、その原理はエステサロンで行われている光脱毛と同じものです。家庭用脱毛器は当然「家庭」で使用され、その機械を扱うのは私達素人です。

 

つまりそういった状況を想定して作られていますから、脱毛の威力も弱いものが多いのです。毛根に作用しますが、その効果は弱らせるに留まります。

 

もちろん医療用機械のような強力な、根絶させるような効果は家庭用脱毛器では得ることができません。従って繰り返しの施術が必須となります。もちろん家で好きな時間に行えるため、時間的な制約もなく、気楽に出来ることは確かです。

 

毛の「濃さ」で脱毛法を決めよう5

 

TBC横浜

ですが家庭用脱毛器は往々にしてコンパクトに出来ているため、一度に処理できる箇所はそれほど広くありません。

 

いくら自分の好きな時間に行えると言っても、例えば脚のスネ部分だけでも光をあてて両脚分を処理するには相当の時間が掛かってしまいます。

 

これが例えばエステやサロンでやってもらう場合はその間リラックスして寝ていることも出来るでしょうが、自分の手でひとつひとつ当てていかなくてはなりませんから手も疲れます。

 

光脱毛の場合永久脱毛ではないので何度も処理をしないといけませんし、また数年後には再び毛が生えてくる可能性もありますので、この場合また同じ事を繰り返さなくてはいけません。つまり膨大な時間を脱毛のために捧げなくてはいけないのです。

 

家庭用脱毛器はかなりお手頃になってきているため、エステサロンや脱毛クリニックに通うより金額的にはお得に感じられるかもしれませんが、あなたの人生の時間を多く費やす必要は出てくる可能性が高いのです。

 

また家庭用脱毛器の一番のネックは、「自分で行うこと」です。自分で行える部位に関しては問題ないでしょうが、自分の手に届かない場所である背中やデリケートゾーンの一部は脱毛が非常に困難になります。

 

またどうしても脱毛に漏れが出てしまうこともあり、自分ではキレイに処理できたと思っていても、意外な部分の毛が処理できていなくて人から指摘されて恥ずかしい想いをした…なんて可能性もあるかもしれません。

更新履歴